携帯電話による電磁波被曝📱

ケータイ電磁波でDNAの二本鎖切断が証明されていた(米 上院公聴会)

 

マイクロ波と人体への影響

2007.06.02 電磁界小児白血病と関連WHO新環境基準で認定

変電所や送電線などの付近に発生する電磁界の規制について検討する経済産業省のワーキンググループ(主査・横山明彦・東大大学院教授)の初会合が1日、同省であった。会合では、世界保健機関(WHO)が、今月中にも発表する「環境保健基準」の中で、電磁界と小児白血病の関連性を認めることが明らかにされた。

委員は、電力、消費者団体の関係者や研究者ら12人。同省は従来、電磁界の人体への影響に否定的な立場だったが、WHOの動きに合わせて検討を始めた。(毎日新聞)

2008.09.02 イスラエル保健省は、遮蔽された場所で携帯電話を使用しないように勧告

イスラエル保健省は、電車やエレベーターなどの遮蔽された場所で携帯電話を使用しないように勧告。遮蔽された場所で携帯電話を使用すると携帯電話からの電磁波が室内で反射し、電磁波強度が強くなることが東北大学の本堂助教の研究で明らかになっている。(The Jerusalem Post)

2009.10.12 小中学校での携帯電話禁止 仏上院、法案可決 

【パリ=清水俊郎】 フランス上院議会で八日、小中学生が学校で携帯電話を使うのを禁じる 条項を盛り込んだ環境法案が賛成多数で可決された。近く下院で審議し、成立する見通し。 フランスでも校内での携帯使用を制限している学校が大半だが、授業中に携帯のメールや ゲームにふける子どもが多いため、法制化に踏み切った。

「携帯の電磁波から子どもの健康を守る」のが法案の主目的。十四歳以下を対象にした 携帯電話の宣伝や、六歳以下の幼児でも使えるように操作手順を簡略化した製品の開発も禁じる。(毎日新聞)

 

2011.05.31 携帯で脳腫瘍の危険ーWHO機関、初の指摘 

携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関は5月31日、聴神経腫瘍(脳腫瘍の一種)や神経膠腫(こうしゅ)の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。

WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。今後、携帯電話の長時間使用使用について調査を続ける必要がある」としている。当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる時間を短くするよう提案した。

携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関は5月31日、聴神経腫瘍(脳腫瘍の一種)や神経膠腫(こうしゅ)の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。今後、携帯電話の長時間使用使用について調査を続ける必要がある」としている。

当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる時間を短くするよう提案した。(毎日新聞など)

 

2012.10.19 携帯使用で脳腫瘍?イタリア最高裁、労災認める 

イタリアの最高裁は、仕事で携帯電話を長時間(仕事で一日5~6時間)携帯電話やコードレス電話を使い続けた結果、脳腫瘍の発症につながったとの男性(60)の訴えを認め、全国労働災害保険協会に労災保険の支払いを命じる判決を下した。判決は、長年にわたる携帯電話使用と脳腫瘍発症の因果関係を示したスウェーデンの学者らの研究結果について「信頼性が高い」と認定。(共同通信社)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中