戦中を生きる

小林多喜二

・・・だそうですが、従軍作家になった人もいます。

石川達三の「生きている兵隊」発禁。しかし、その一ヶ月後、上海で翻訳され、波紋になっていた。続きは👇「従軍作家達の戦争」

 

戦場で、敵と戦うのはヘイタイさんで、国内の民間人は自国の人と闘うわけだ・・・

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中