フッ素症

「世界中の多くの地域で、地下水や石炭に自然に含有されている高濃度のフッ素のために住民の間に非常に深刻な骨の病気、骨フッ素症が起こっている。」

「我々は日常生活の様々な製品にわざとフッ素を添加しているが、とくに目につくのは歯磨き剤や水道水などである。それというのも、我々はこの数十年、少量のフッ素は虫歯にたいして予防効果があり、健康を損なうような害作用がないと信じてきたからに他ならない。しかし、今では、たとい少量にもせよ、フッ素の利益を疑う科学者の数はますます増加しつつある。」(ユニセフがフッ素の安全性に疑念を表明

フッ素の用途 (ウィキ)

「その性質上、フッ素を単体で使う場面は少なく、フッ化カルシウム (CaF2) と硫酸 (H2SO4) から生成するフッ化水素 (HF) を介して利用されることが多い。ウラン235 (235U) 濃縮のため、揮発性の高いフッ化ウラン (UF6) を製造する目的で単体フッ素が利用されることは、特筆すべき事柄である。

フッ素の化合物は、一般に極めて安定しており、長期間変質しないという特徴を持つ。この性質は環境中で分解されにくく、いつまでも残存するということを意味しており、その使用には注意が必要である。」

👆これは、きいたことがある。

 

以前、フッ素のことで、これとは違うアダムスさんのビデオ観て、あの時、危険なモノとは知ったが、再びすごい毒なんだとわかった。

 

そんな、高濃度のフッ素化合物が沖縄で😭

比謝川から規制物質1

 

沖縄が一番危険な基地であると言われてるらしいが、ますます納得。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中