ノルウェー研究炉で事故 小規模な放射性物質漏れ

 ノルウェー南部ハルデンにある「エネルギー技術研究所」の研究用原子炉で24日午後(日本時間同日夜)、小規模な放射性物質漏れがあったことが25日明らかになった。同研究所とノルウェーの「放射線防護局」(NRPA)が発表した。職員や周辺住民の健康や環境に影響はなく、同研究所は「状況は制御できている」としている。

 漏れたのは放射性ヨウ素131132で、施設内では警報が鳴り、職員が退避した。燃料の処理の過程で「技術的な障害」が発生したといい、研究所とNRPAが詳しい原因を調べている。

 NRPAは、研究所から連絡があったのが25日朝になってからだったため、通報の遅れについても調査するとしている。ハルデンはオスロ南方にあるスウェーデンとの国境の町。(共同

norway-nuclear-reactor

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中