☢チェルノブイリ原発にシェルター設置完了 核燃料取り出しへ

チェルノブイリ原発にシェルター設置完了 核燃料取り出しへ
フジテレビ系(FNN) 11/30(水) 15:44配信
30年前の原発事故処理が、1つの節目を迎えた。
ウクライナ北部のチェルノブイリ原発で、設置が完了したシェルターは、高さおよそ108メートル、長さは162メートルの鋼鉄製で、1986年の爆発事故のあと、4号機を覆ってきたコンクリート製の石棺をまるごと覆うもの。
国際社会からの支援により、日本円で、およそ1,800億円が投じられたシェルターの耐用年数は、100年とされ、今後は、シェルター内で核燃料を安全に取り出すという、最も困難な作業に移ることになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中