トランプ次期大統領指名の新国防長官・マティス退役大将

「狂犬」の異名をもつマティス元中央軍司令官は、オバマ政権の中東政策、特にイラン政策をかねてから強く批判し、イランこそが「中東の安定と平和を脅かす最大の脅威だ」と非難してきた。

1991年の湾岸戦争で突撃部隊を指揮し、2001年にはアフガニスタン南部でタスクフォースを指揮した。2003年のイラク戦争にも参加し、翌年のファルージャ総攻撃でも主要な役割を果たした。米統合戦力軍、北大西洋条約機構(NATO)変革連合軍の最高司令官を歴任し、2010年に中央軍司令官に就任。2013年に退役した。

. . . 現行の法律では軍人が国防長官となるには退役から少なくとも7年はたっていないとならない。

このため、共和党が上下両院を支配する連邦議会が、この規定の適用を除外する特別法を成立させる必要がある。

「人を撃つのが楽しいこともある」のビデオ

What about the hot-headed generals announced as National Security Advisor and Secretary of Defense? Both seem to be death on Iran, which is stupid and unfortunate. However, keep in mind that Gen. Flynn is the one who blew the whistle on the Obama regime for rejecting the advice of the DIA and sending ISIS to overthrow Assad. Flynn said that ISIS was a “willful decision” of the Obama administration, not some unexpected event.

And keep in mind that Gen. Mattis is the one who told Trump that torture does not work, which caused Trump to back off his endorsement of torture.

So both of these generals, as bad as they may be, are an improvement on what came before. Both have shown independence from the neoconservative line that supports ISIS and torture. (Trump’s Appointments — Paul Craig Roberts

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中